【2ch】トピックス! 速報まとめたよ~^^

海外「東電の言うことは信じられない」福島原子力発電所近辺の放射線現象を海外にアピールするも突きつけられる圧倒的拒絶

   

海外「東電の言うことは信じられない」福島原子力発電所近辺の放射線現象を海外にアピールするも突きつけられる圧倒的拒絶

48gy83u09u09gu309ug

SPONSORED LINK 




概要

あれから6年、福島原子力発電所の作業員たちが“防護服無しで仕事ができる”と話す

 

満開の桜の下で、軽装の人々が散歩しています。カフェテリアでは、地元の食材で作られた温かい食事が380円で提供され、コンビニでは冷たい飲み物も、スナックも、デザートも売っています。

 

これは、観光地での話ではなく、2011311日にマグニチュード9の地震と大きな津波の被害にあった福島第一原子力発電所での光景です。

 

今月初め、東京電力株式会社に伴われ、記者団が公式に発電所を訪れました。チェルノブイリの事故以来、世界最悪の原子力事故から6年が経ちました。

 

汚染された瓦礫の除去と、汚染された土にモルタルなどを被せて放射線量を減らすなどを行い、発電所の95%の場所で作業員に通常の作業服を着せてもいいということになりました。

 

汚染された水はより頑丈に溶接されたタンクに移され、漏れていたタンクは漏れないように補強されました。

 

訪れた人々は、建物から80メートル離れた丘から4つの原子炉を見ることができます。そのうち、123の原子炉はメルトダウンを起こしたものです。水素爆発が134の建屋で起き、非常に大きなダメージを与えました。

 

丘の上での空気中の線量は150マイクロシーベルト・パー・アワーで、東京―ニューヨーク間の往復で受ける放射線量よりも少ないのです。東京電力は、マスクとヘルメットを着用し、滞在時間を短くすれば、健康被害は無い、と話しています。

 

以前は、作業員は一度20キロ離れたJ-Villageのサッカー練習場で着替えをしてからでないと福島第一原発に入ることができませんでした。ですが、その重荷が少し軽くなったのです。

 

6,000人が建設、電気、機械の会社から、そして1,000人が東京電力から、併せて約7,000人がメルトダウン後の片付けのためにパワーステーションで働いています。

 

“当面の目標は、作業員が心配なく働くことができる場所を作ることです”東京電力廃炉推進カンパニー広報部課長である広瀬大輔はこう話します。“敷地内には400本の桜の木があります。

 

被災前は、1200本あり、春になると地元住民が招かれて花見を楽しんでいました。”現在は笑顔の作業員が桜の木のトンネルをくぐり、挨拶を交わしています。

 

20155月ミーティングスペースやシャワールームのある9階建ての休憩所がオープンし、昨年にはコンビニもオープンしました。200席あるカフェテリアでは、発電所から9キロ離れた大熊町にある給食センターから届けられる福島産の食材を使った温かい食事をとることができます。

 

“以前は冷たいおにぎりを食べていたけれど、温かい食べ物を食べると幸せになるし、仕事へのモチベーションが上がるよ。”ある作業員は話します。

 

東京から230キロ北東に位置するこの発電所は、1971年に開所しました。発電所内の放射線量が急激に下がって以来、アメリカやヨーロッパ、アジアの国々からのジャーナリストたちを含む人々が年に約10,000人のペースで、ここを訪れてきました。

 

昨年には高校の生徒たちも訪れました。

 

2時間のツアーの後、ある記者が持ってきていた線量計によると、線量はたった40マイクロシーベルトで、これは胸部レントゲンよりも少ないものでした。

 

働く環境は改善されてきましたが、原発の今後はまったく不透明です。廃炉には30年から40年かかります。一つの原子炉からの燃料デブリの取り出しは2021年の終わりまでにはじめたいとしていますが、原子炉内の状態を把握することすらできていません。

 

海岸には多くのビルの瓦礫が残っており、6年前に起きた地震と津波による大災害の恐怖を今も感じられます。

 

凍土壁は原子炉とタービンからの地下水が流れ出ることを止めることに成功したように見えますが、建物は永久的に汚染水を発生させ続けると言われています。

 

東京電力は、使用済の防護服・手袋・靴下などの汚染ゴミをどうするかについての課題を抱えています。1,500トンものこのようなゴミが燃やされ、煙には放射生物質が確認されました。2月の終わり時点で、70,000立方メートルのゴミが残っています。

 

“法律に従って、我々は放射線を含むごみを発電所外に出すことを禁じてきましました。たとえそれが焼却後のゴミであってもです。ゴミと灰との戦いを続けていかなくてはなりません。”広瀬は言います。

 

東京電力への国民の信頼はメルトダウンによって崩れました。そして今もなお、約80,000人もの住民が発電所近くにある彼らの家に帰ることができないのです。



■引用元

SPONSORED LINK 




海外の反応

防護服無し??なんでこんな危ないことするの??もっと注意を払うべきだよ。

 

 

 

 

・一体全体、どうしてこの人たちは、明らかに間違ったこと言うの・・・?

 

 

 

 

・すごく、すごく疑わしい・・・。国連は、この人達が安全だって言ってることについて、検証すべきだわ。

 

 

 

 

・東電=過失犯!

 

 

 

 

・この人たちがしてることって、健康被害があると思うんだけど。

 

 

 

 

・これって、放射線の話だよね・・・。

 

 

 

 

・“防護服無しで大丈夫”・・・って言っといて、“あれつけて、これつけて、長くいなければ大丈夫”・・・って、なんじゃこりゃ!??矛盾してるじゃん!

 

 

 

 

・興味深いね、写真の人、マスクやヘルメット付けてないけど・・・。いいの?

 

 

 

 

・チェルノブイリの作業員にも同じこと言ってたよ。

 

 

 

 

・なんて愚かな!すでに嘘ついてきたって記録の残ってるような会社をどうやって信じろと?

 

 

 

 

・わけわかんない・・・防護服無しで行ったら健康被害あるってことだよね。

 

 

 

 

・危険が目に見えない場合は、すべて問題ないと考えるものですwww

 

 

 

 

・“東電が言った”って時点で、もうだめ。信じられない。

 

 

 

 

1つだけ質問。なんでこの会社は、明らかに危険なことするの?従業員を皆殺しにしたいわけじゃないよね??

 

 

 

 

・東電=嘘つき

 

 

 

 

・東電・・・従業員の人たちに、無理強いさせてるに違いないわ。彼らはこんな扱いを受けるべきじゃない。


ひとこと

原発の話題が大きく取り上げられなくなってきましたね

SPONSORED LINK 




 - Uncategorized

女子力アップ