【2ch】トピックス! 速報まとめたよ~^^

海外「正しい選択」実写版攻殻機動隊吹き替えメンバーに海外オタも納得

   

海外「正しい選択」実写版攻殻機動隊吹き替えメンバーに海外オタも納得

34ug904ug90u90u90u90u9u0

SPONSORED LINK 




概要

ゴースト・イン・ザ・シェルの実写映画化、アニメの声優たちが吹き替えを担当

ゴースト・イン・ザ・シェルの初代声優たちがハリウッド映画版の日本語吹き替えで再登場します。

1995年と2004年でばとー役を務めた大塚明夫氏、山寺宏一氏はトグサ役、主人公のスカーレット・ヨハンソンは田中敦子氏が務めます。

「彼らがこのキャラクターを演じたのはすごく前だ。」と1995年のアニメ映画監督の押井守氏は話しました。

「彼らのパフォーマンスが実写版の映画にぴったりと合ってほしよ。でも彼らはプロだからそんなに心配はしていない。とても楽しみにしている。」

映画は字幕と吹き替え両方が予定されています。しかし、ここ数年で吹き替えの映画に対し、日本の映画ファンから苦情が出ています。その役に適した声優を選ばずに、その時に人気の有名人を使う場合が多いからです。

このことから、いつくかの吹き替え映画(例えばアベンジャーズ)は苦戦しています。

なので、押井監督が心配はしていません。大塚氏、山寺氏、田中氏らはプロだと言ったことがわかりますね。彼らは声優のプロでもあり、それぞれの声を務めたプロでもあります。

■引用元
1

SPONSORED LINK 




海外の反応


・正しい方向に向かう素晴らしい第一歩だと思うよ!

・私は英語版のアニメの声になれているから、スカーレット・ヨハンソンの声もそのままの声ではなくって、アニメの英語版の声優に吹き替えをしてほしいわ笑!

・↑ 僕も同じ意見だよ!アメリカの俳優たちの声も日本の様にアニメの声優にしてもらいたいよ!スカーレットの声よりもメアリー・マクグリン(アニメ英語版の草薙素子役のアメリカ人声優)の声がいい。

・実写版の吹き替えなんて、元々そんなに良くないよ。口の動きと声があっていないし、俳優たちの動きと、声優の演じる感情がマッチしてない感じがするしね。

・主人公が日本人の映画なのに、ハリウッド映画が白人女性を起用して、白人化しているという批判に対しては、日本人は何とも思っていないようだね笑。

・アメリカで上映される映画もメアリー・マクグリンの声で見たい。

・僕は日本語の吹き替え版を英語の字幕付きで見たいよ。

・満足のいくような映画であることを祈るよ。アニメほどいいものにはならないと思おうけどね。

・すごくいい考えだね!たくさんのゴースト・イン・ザ・シェルのファンが見に行くだろうね。

・ということは、僕は日本語吹き替え版の映画が出るまで待つよ。

・私はこの吹き替えされた映画だけが見たいわ。スカーレットの声のバージョンは興味がないわ。

・スカーレット・ヨハンソンは美しくってセクシーだからいいじゃない。みんな何が気に入らないの?

・今までの映画の中で、こんなにうれしいニュースは聞いたことがないよ。オリジナルの声優が担当するなんて!すごく楽しみだね!

・この記事を読んで、日本語吹き替え版が見たくなったよ!オリジナルの映画には興味がなくなったよ笑。

・吹き替えされた映画は好きじゃないけど…この映画は吹き替え版が出るまで待つわ!!

ひとこと

はやくサイボーグになりたい

SPONSORED LINK 




 - Uncategorized

女子力アップ